So-net無料ブログ作成

TPP会場のマジェランステラ ハーバーリゾート [日記]

 

ニュースでの映像、どこかで見たな~と思ったら

ボルネオでのTPP会場はマジェランステラだったのね。

そりゃ

第三セクター経営のホテルだったから当たり前か。
(今の経営はどうなっているのか知らないけど。大きいコンベンションセンターとかあったもんね)

特にホテル名の報道は無いけれど 多分そうだと思う。

なつかしいなぁ・・・。

ご飯が美味しくて、部屋代が安くて プールも大きくて沢山あって何をするのも 当時はすごくリーズナブルだったんだよね。

確かラサリアに1週間以上の滞在で一泊100ドルで2食付きランドリー込っていう
すご~くお得な会員専用プランがあったのよ。

今じゃ考えられないプライスだもんね。

タンジュンアルーのシャングリラも200ドル位でクラブルームだった。

ただし ドルレートは125円くらいだったっけ??

去年のセブのシャングリラのスィートが 一泊朝食のみで6万だったことを思うと

すご~くお安かったね。

 


直行便で5時間だしセブに行くよりご飯は美味しかったし。

考えてみたらボルネオのマジェランって 2年連チャンで 2度も出かけたのね (笑)。

2つあるシャングリラもものすごくお得なプライスで泊まれたし。

かれこれ10年以上前だもんねぇ・・・。

小さい子連れてよく出かけたものだよね。

やはりご飯が美味というホテルは惹かれますよね。

 でも同じ系列で敷地は共有してる ステラハーバーホテルの朝ごはんはクラブでもすごい低レベルでメイドの掃除も夕方になっても終わらず残念だったです。

(ここの中華は美味しいです。)

ツアーはほとんどこちらのホテルがアサインされるみたいですよね。

やはり個人旅行はいいなぁ~と実感できた旅先でした。

 

マジェランも出来立ての頃はすごく良かったけど2度めからは近隣のお国の団体客がワンサカで
すごく雑多な雰囲気になり、サービスがとても低下してしまい
その後は足が遠のいてしまったホテルでした。

ホテルってほんとにソフトが大事ですよ。

でも最近はハードの方を重視しつつあるかも。

昨年のセブで かなり懲りたのかも(笑)

直行便で便利なホテルだったんだけど そこが便利さが仇となったホテルの代表かもしれませんが

家族旅行の思い出があるホテルだもの、また機会があれば行ってみたいものです。

 ま、いい思い出もあるけれど笑えないハラハラした思い出もあります。

エレベーターがシンドラーのもので何度かおもいっきり手を挟まれたり、

幼児の子供達だけ先に乗せて

勝手に閉まっちゃって、 慌てて階段をダッシュした覚えがありますよ。
(笑い事じゃなかったんだけど。)

 ボルネオの自然はすごく面白くてまたキナバルトレッキングとかいいですよ。

なにげにネットサーフィンしてたら ジェリーフィッシュに刺されて心肺停止になった日本人のお子様がいたそう。

あのあたりのアイランドホッピングの海は
やたらめったらジェリーフィッシュに注意の看板があったのに
それでも注意喚起が足りないと言う事だったらしい。

確かにガイドは英語でしか書いて無かったので
入島料をバックレる日本人カップルとか結構いましたね。

団体さん増えて一人ひとりに気配りができなかったのかな・・・。

うちが出かけた時はそんなに沢山いなかったけど

クラゲネットしても網を超えてきちゃうから
あるから大丈夫とは言い切れないってライフセーバーの兄ちゃんが言ってたもん。

その後そのお子様は居合わせた観光客のドクターが

応急処置してくれて シンガポールに運ばれて事なきを得たそうだけど・・・。

やっぱり緊急事態の時はマレーシアではシンガポールに運ばれるのね。

旅行保険とかの適用とか色々その他の事情があるのだろうけど。

長谷川さんと京香さんの映画「セカンドバージン」でマレーシアの病院で瀕死の状態だった彼にマレーシアじゃなくてシンガポールに出国して治療をさせたいと願ってたっけ。

あの映画よりはちゃんとした病院はあるのですが日本人にはやはりシンガポールの方が安心できるのかもしれませんもんね。

 

子供連れの海外旅行、何があるかわからないから怖いです。

いやぁ~我ながら 保護者一人で よく出かけたもんだ・・・。

今はもう そんな気力がないなぁ・・・。

やはり子供の育児はストレスが溜まるから どこか遠くに行きたくなるのよね。

子供が成長した今は 家で一人でいるのが 一番好きだけれどね~~~。 ^^

 

 

12949.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。